TOPページへ > マージンコールとロスカット
マージンコールとロスカット

FXで取引を始める際に最も心配になること、それは取引で大きな損失を出しはしないか、ということではないでしょうか。じつはFX取引にはマージンコールとロスカットという損切りの制度があるんです。本格的に取引を始める前に、こうした損切りに関する知識をしっかりと身につけておきましょう。

まずはマージンコールについて。マージンコールとは、あなたが預けた証拠金がFX会社の定める一定の割合を大きく割り込んで減ってしまったときに、FX会社から追加の証拠金(追証)の入金を求められること。FX会社によって一定の割合の設定に違いはあるものの、多くの場合、証拠金の50〜70%を割り込んでしまうとマージンコールがかかるようになっています。このマージンコールがかかるということは、その時点であなたが損失を出しているということ。もしこの制度がなければ、大きな損失を出していることに気づけずに取引を続けてしまう可能性があるのです。

またロスカットは、マージンコールがかかったとき以上に損失が出た場合に、持っているポジションを強制的に決済されること。このロスカットが適用される証拠金の維持率もFX会社によってその設定に違いがあるものの、だいたいの会社が20〜30%と設定しているようです。また自分で数値を設定できるFX会社もあります。FXは株取引とは違って値幅制限がないため、為替レートの動き方やレバレッジ次第で預けた証拠金を大きく減らしてしまうような損失を出してしまいかねません。

このようにマージンコールとロスカットは、FX取引の中でリスクを管理するために必要不可欠なものなんですよ。でもFX会社の中にはこうした制度をしっかりと適用していない会社もあります。FX会社を選ぶ際には、マージンコールとロスカットの制度がきちんと揃っているか、またどの程度の証拠金維持率で発動される設定になっているかを確認することをお忘れなく!

関連エントリー
Copyright © 2011 バイナリーオプション初心者入門講座【必勝法編】 . All rights reserved